冬休み前、大掃除の時に下駄箱の裏で越冬するスコットカメムシの集団を見つけました。

カメムシは不完全変態昆虫であるらしく、サナギの時代はなく、多くの種は成虫で冬を越すものが多いそうです。スコットカメムシなどの山地性のカメムシにとって学校や寮は、雨風をしのぎ、しかも暖房が効いているこれほどありがたい越冬場所はないので、校舎内では棚やロッカーの裏、床下、屋根裏等の狭い隙間に侵入しています。
また、暖房の効いた室内では、活発に動き、飛び回ることもよくあります。捕殺するにはガムテープが必須アイテムで、常備品です。

下駄箱裏のカメムシの集団は、ほうきでかきおとし、ちりとりでまとめて外に捨てましたが、玄関内には抵抗したカメムシたちの匂いがいつまでも残っていました。